2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:未分類 の記事リスト(エントリー順)

429 抹殺されるニューテクノロジー

 【16//2017】


地球規模で暗躍する黒幕は、大富豪たちである。彼はその莫大な資金を

使い、政治家の買収や、経済システムを自分たちの利益誘導のために維持しようとする。

例えば、石油や石炭で大儲けをしているとすると、それに代わる安価エネルギーが

発見、発明されると、阻止しようとする。または抹殺する。


(この8人が世界人口の半数分の財産所有という。手段を選ばない極悪人たち??)


テスラーコイルのテスラーはフリーエネルギーを発見していたという話は有名ですが

それは、メン・イン・ブラック(笑)が来て、すべての機器を破壊して、すべての資料が持ち

さったそうだ。という話がある。


この話を聞くとなるほどと思う部分もある。エネルギー業界で働く数百万人が失業する

わけですよね。この失業者をうまく他業種に転換できないと世界各国の国家の存亡に

かかわることにもなりかねないわけだ。

このことは、大富豪と国家が共有できることが問題を大きくしていると思う。

メン・イン・ブラック様様となるわけです。

この先は下記動画からの情報となりますが、ある投稿者さんから赤裸々につづられ

たものです。これは、日本で起きた事実として、報告されております。

簡単に言うと、「数十年前、ある技術者が、太陽光発電にまつわる研究で画期的発明をした。

それは、屋根瓦に特殊な塗料を塗るだけで、一軒の電気を賄えるほどの超効率で

超低価格で発電できるシステムを実現する目途を付けた。だが、突然、このチームは

解散に追い込まれた。そのため、それが世に出ることはなかった。」


詳細は下記動画でご確認ください。


この会社はトータル発電システムを手掛け、国内電力会社にシステムを供給している

大会社だ。この画期的太陽光発電システムが一般家庭に導入されることで、電力会社が

倒産し、自社の事業が失墜し、生き残れなくなると、判断したのだろうということです。


このように、社会秩序を脅かすような発明は、いくら画期的であっても、葬られてしまうと

いうことです。社会はコストのかかる方で運用され、利益をむさぼり、労働者の生活を

支えているということではないでしょうかね。


信じるも信じないも、あなたの勝手です。


スポンサーサイト

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

428 CIA公開公式秘密文書続き

 【12//2017】

これは、前回130からの続きとなります。

昨年公開始めたこのCIA公開公式秘密文書の説明を続けます。

さて、CIA(アメリカ政府)がなぜ、いま、公開に踏み切ったを考えて

ほしいということです。

この尋常ではない、パニックになりそうな突飛な真実をです。


前回のCIA公式文書の後半には、に書かれていることをは、次の

ようなことです。


「その迎撃された残骸UFOから出てきた5人の宇宙人は、寄り添う

ように集まって一つの球体になった。するとそれは白く輝きだし、

大きくなり非常に明るい光を放った。

その瞬間、23人の兵士が石柱に変化した。これを目撃した二人

の兵士は日陰に立っていたため、発光爆発からは生き残ったと

報告した。

KGBの報告書によると、UFOと "石化された兵士"の遺骨は、

モスクワ近くの秘密の科学研究機関に移されたという。その

分子状物質組成は石灰岩と変わらない。
KGBファイルが現実に対応するならば、これは非常に危険な

ケースです。
エイリアンはそのような武器とテクノロジーを持っている。
彼らは攻撃されると自分自身のために立ち上がることができます」


これは、CIA公式文書に書かれていることですよ。すごくないですか。

フェークじゃないんですよ。この宇宙人の変化は完全に量子的な

動きであるということが出来のないでしょうか。


いま、地球に、人類に迫っているものは何なんだ。なぜ、CIAや

NASAは、機密文書の公開をしている。

真実に迫れる人は気付いて欲しいと言うシグナルか。


今回の内容は下の動画にです。ですがまだ完結しておりません。

が、上の文は最後まで翻訳しています。



本動画は、前回とは、題名が変わりとても続きとは思えない題名と

なってます。

実は、本来の動画は掲載されてすぐに削除されてしまったのです。

がshingen氏はそれでもめげずに、題名を変えて再アップものと

拝察いたします。


Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

427 シベリアでUFOと戦闘

 【07//2017】


さあ、今回はSHINGEN氏の大大スクープです。

なんか、芸能週刊誌のようになってしまいましたが。

つぶさに調査していたSHINGEN氏によりCIAの公開機密情報から

大変な文書が見つかり、UFOの存在が明らかにされました。

 

CIAの公式公開機密文書なので、真実として伝えることができそう

だからです。すでに、信じる、信じないの世界ではなく、受け止めな

ければならないんではないんしょうか。

 

(ご存知、これが、CIAのホームページ。業務内容のわりには、シンプル(笑))

 

これが、この件にl関してのCIAの公開秘密文書全文です。

クリックで拡大します。これは表紙みたいなもので、報告書としては

250ページの文書と多くの写真が保管されていると報じています。

英語のわかる方は翻訳してみていただくとよろしいかと。

 

CIAの機密文書ということで、信頼性が一機に増すわけで

ありますがこのような内容です。

「ロシア軍が軍事演習中に円盤型のUFOが低空飛行で現れた。それに

ロシア軍がミサイルを撃ち込んだら命中し近くに墜落した。

そのUFOの中からは5人のヒューマノイド型(グレイ型)の宇宙人が出てきた」と言ったことが書かれている。

 

この話の詳細は、下記動画です。

 

<参考>

CIA文書の探し方 以下は興味のある方は試してください。他にもUFOに関する

情報も多くあります。

CIAのホームページから、下図、右上の赤で囲んだライブラリーを押して

左の赤で囲んだ箇所を押す。

 

 

次に下の画面が出るので赤の枠に「paper reports alleged evidence onmishap involving ufo」

を入れて、サーチボタンを押す。

 

 

すると、下図のようになるので、「paper reports alleged evidence onmishap involving ufo」

のファイル名があるのでクリックします。

 

 

次に下図のようになるので、赤で囲った部分をクリックする。

これで、上方の文書がでます。

 

 

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

426 壮大すぎる陰謀?

 【02//2017】


最近、陰謀やら、火星やら、エイリアンやらの話題を取り上げて

きましたが、恐怖を覚えているのが現状です。

それは。数日前です。読者となっているとあるブログに訪問した時です。

そのコメント欄にブログ内容と関係しない不気味な書き込みがありました。そのときは、おかしなことを言うもんだと、違和感がありました。


これが書き込みです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

1. 無題

衝撃事実拡散

最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性

オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」

等で検索すると出ます 

自然災害だけじゃなく、人工知能を使って地球上の全ての人を監視盗聴し、悪さ

をした人や、創価に歯向かった人を、相手に覚られないように、病気にしたり、痛み

を与えたり、家庭不和にして災いを与えます

この世の痛み、病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、ありと

あらゆる、ほぼ全ての災いを、人工知能を使って秘密裏に作り出してる組織が

米諜報で、総括してるのが米国防総省です。 この犯罪は、米国がやってる

国家犯罪です

CIA(スパイ、政府機関)が創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSA

スパイ、政府機関)が創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用

してやってる犯罪です 

ASKA氏の、集団ストーカーの事を記した700番て本が発売される1日前の

2月16日に、通販会社のASKUL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え

続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、

これらは全て人工知能が工作してやったもんです

集団ストーカーも、人工知能が遠隔から人を操り、あたかも集団でスト一カー

してるように、思わせてるだけです

特に創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、

魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が

続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、

人工知能が定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさ

せる為の、起爆剤みたいなもんです

人エ知能を悪用した奴に厳しい罰則を与えるような法整備や、多国間での

取り決めをしないと、アメリカが人工知能を使って、これからもやりたい放題

やります 

犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行くんで、盲滅法

にバラまいて世間に浸透させてます 

http://bbs1.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=pr02&mode=view&no=45 
https://shinkamigo.wordpress.com 

XXX  

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

でした。

しかし、翌日に公開されたSHINGEN氏の動画を見て、唖然と

したわけです。それがこの動画です。この中にすべてがある。



偶然にも時を同じくして、似たような内容でした。

(裏にはなにびとかの極秘の事項の暴露が存在してるのだろうか)

ここに書かれていることの一部、東日本大震災のときから囁かれていた。

が、まさかで記憶に留まることもなかった。(東日本大地震の米国陰謀説)


ここにきてもしや、と真実味が出てきたなという感があります。

しかし、都市伝説として、信じるも、信じないもカラスの勝手でしょ。

を逸脱することはありません。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

参考としてHAARPを取り上げますとこれは、今では一般的なものなんですな。しかし、これの正しい使用目的はほかにあるのではないでしょうか。


Category: 未分類

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

423 SONYは何処の会社

 【17//2017】

アメリカの黒幕、大富豪を調べてるときに、意外な事実に接することに

なりました。当然、ご存知の人もいらっしゃると思います。



ソニーです。ソニーは東京通信工業として井深氏、森田氏により東京で

戦後すぐの1946年に設立されたことは、周知のことと思います。

そして、社名がソニーに変更されたのが1958年でした。


そのSONYという社名の由来が自分には衝撃的でした。

SONYのロゴは、ソニーの世界初のトランジスタラジオが販売開始された

1955年からだという。

その由来はsonic(音)とラテン語sonny(男子)から付けられたという

のが一般的であろうと思います。


しかし、本来意味するものは実は。これなんです。

Standard Oil New York

なのです。これをご存じの人はかなりの事情通の人なんでしょうね。


このスタンダード石油はロックフェラーの会社なのです。

戦後の盛田氏とロックフェラー氏との交流は知る人ぞ知る世界です。


(スタンダード石油 ニューヨークビルディング)


ということは、日本に誕生した会社だが、世界的に登り詰める

ためは、ロックフェラー資本が入っていることのようです。

つまり、半分はアメリカの会社だったんですね。


このように、敗戦で貧しい日本を暗躍していたのが、アメリカの

大富豪たちなんです。

そして、さらに利権を拡大して、世界の富を手中した大富豪たちは

その有り余る資金で政治、経済を自在に操り、世界を動かし始めたのだ。

その影響はソニーにまで及んでいたということです。


何かを知ろうとしない人は、真実に近づくことは到底できないし

嘘で固められた世界を、支配者の言うがままに見ているだけ

だと思う。

何事もそうですが、恐るべしは無知であること以外にない。

無知のままでいることは、最大の罪だ。と知るべし。



Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

422 火星に移住しましょう。

 【13//2017】

ここに書いたことは、秘密です。口外厳禁です、(笑)。

真実の暴露、いまは、ものすごい勢いで動いていると考えていいです。

と思います。


        


真実と事実  真実とは、事実を積み重ね、点が線となり見えて

くるものを言います。

隠蔽は本当は知らしむべきことを、意図的に知らせない。

また、開示を求められた情報に対して嘘(フェーク)を言う。

情報開示を求められたとき、隠蔽を上手にするために、ほんの少し

の事実を混ぜて開示すると効果がある。という。


NASAは真実を何も述べてないでしょうね。

ここに3枚写真を掲載します。

出何処はNASAの火星探査写真のサイトです。

ただし、大きい写真なので、隅々まで拡大し念入りに見ていかない

と辿りつかないのでNASAでは、このことは、掲載する時点では、

気づいてなかったと思われます。





これは「なんだ、ちみは」のshingen氏が見つけたものです。

これから、導かれる結論は「火星にはすでに人間が行ってる、

そして、そのまま住める環境らしいということです。」

ただし、岩じゃねーと思う方、それは、それでよろしいのかな

と存じます。


情報はすべてはこの動画にあります。shingen氏は絶対に出何処不明画像は

あつかいません。なので、動画視聴者さんの判断に任せることが多いです。

時間がある方は、ぜひご覧ください。



多くの火星ウオチャーさんたちがいろいろな写真を掲載してます。

みなさんもNASAのサイトで火星、月の探検が可能ですよ

時間と暇がある方にはお勧めします。そして新事実を発見して

ください。

(ただし、NASAがフェーク写真を掲載するなんてことがあれば

別です。)

Category: 未分類

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

421 反重力現象捕捉か

 【08//2017】

さて、この標題を見た皆さんは、ついに、こいつ、とち狂った

と思われたことでしょう。それはやむをえないことです。

理論物理学では、可能性という点では予言されていた

ようですが。まさか・・・。です。


これはアメリカが主催する物理学会APS(会員:世界4万人)

の発行する電子版(APS)に掲載されました。

題名は「スピン軌道結合ボーズ・アインシュタイン凝縮系に

おける負の質量流体力学」物理なのでかなり小難しい言い

回しでありますが、解説はこんなことです。


(反重力エンジン開発中のロシア人)


「アルカリ金属性元素ルビジュームにレーザーを照射して、

絶対0度まで冷却すると超流動がおこりルビジュームが

液体のようになる。そして再びレーザーを照射すると、ある

動きをし始める。それは、何もないのにあたかも壁でもある

かのように、それに反発して動き始める。」といことです。

これを反重力と呼んだわけです。


一方では、この現象は反重力でないと反論されている人たちも

いるわけです。反重力と同じ効果であるならば、こだわることは

ないだろと思うのです。が、かなり素人的ではありますが。


もしこれを反重力に呼べないにしても、この現象の確認は、

新たなる可能性をもたらすことは、必須であろう。

揚力や、風圧や、磁力を使わずに浮遊させることができれば

UFOのような飛行はもとより、バック・トウ・ザ・フュウチャーの

浮遊する「ホーバーボード」も夢ではない。

ということでしょう。実は映画の予言ではもう出来てないと

いけない訳ですが。



しかし、この発見は今後の宇宙論や地球外生命体の存在

についても、その存在にぐっと近づくのかなと、おもいました。


発展著しい、物理学の世界ではこのことは、それほど大きい事象

でないようです。でも科学は着実に人と宇宙との距離を縮

いるです。

最後に、すでに反重力の乗り物に乗ってる人がロシアにると

いうことなので、その人聴けばすべてが終わるのに。・・・・・。


Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

419 嘘と隠蔽の世界

 【30//2017】

読者さんの中にも、気づいている人もいると思うのですが。

この世は虚像であることを。嘘と隠蔽で塗り固められた

世界であることを。

何も考えない人は何も感じないということです。

 

「加計問題」とか「陸自日報隠蔽問題」とかのような小さいことを

言ってるものではありません。

 

(コントロールしたい側と逃げ回る側)

 

元来、人は二人以上だと、必ず上下関係ができる。

それは、物理的,もしくは精神的にである。

そして、上になったものは下を支配しようとする。

それは自分の思い通りにコントロールしたいがためだ。

 

その支配を続けるために、都合のいいをも並べ始める。

そして、嘘の情報を与えて、自分を信じ込ませる。

自分に不利益な事実や、秘密ごとは隠蔽し真実を伝えない。

これが、我々人間が普通に日常行う行為なのである。

 

(いい悪というよりも、支配志向が極端な人)

 

これが、人間の持って生まれた基本的、素質、素養と思います。

あなたご自身も心当たりはありませんか。

 

(特定の個人、団体を意図したものではありません。)

 

なので、このような構図は国家レベルにおいても同様である。

これの極端な例が、中国であり、北朝鮮だ。真実は庶民には

伝えない。嘘で固める。支配しやすいからだ。

 

しかし、日本、アメリカなどの国家でも、隠蔽と真実を伝えない、

でなりたっている。

 

(機密を守るために、暗躍する人たち)

 

そして、地球規模での隠蔽や嘘による支配が一番問題だ。

なぜなら、人類の行方を担っているからだ。

 

私たちは、日々、嘘(フェーク)を刷り込まれ、それが真実と

思い込んでいることがほとんどだ。

そして、隠蔽で固められたのがこの世界なのだと思う。

 

真実は、一つだけだ。

偉い人が言うからとか、有名人がいうからとか、有名大学

教授がとか、まったく関係ありません。ましてや新聞、テレビ

の報道を真に受けようでは、もうすでに死人です。

 

常に自分の見識とその見る目を進化させる、これが生きてる

ということだと、きがつきました。

わかっている方にはわかってもらえると思います。

 

と、いろいろ書きましたが自分はただの庶民であります。

どんな情報も鵜呑みにすることなく、一度立ち止まって

考える習慣を付ようということで。

 

「誰もが真実を知らないし、

誰もが真実は語らない。」

だね。

 

最後までありがとうございました。

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

418 とにかく頑固おやじは嫌いの巻

 【18//2017】

以前、理容室に行っとき、ある頑固親父に散々な目にあったこと書いた。

この親父、ここの理容室では異色中の異色。いろんな意味で。


先日、行った。

あの親父がいた。

それはいいのだが、順番を逆算すると、どうも、また、その親父に

当たりそうだ。


ここはフェイントかますのが常套手段だろうと、先に所用をと店外にでた。

しばらくして、店に戻った。


店内入ろうとした直前に、某女性の理容員の方がいきなり店から出てきた。

そして、言うんだよね。


「あの、親父に当たらないように、調整するから安心して、

嫌いなんでしょ。あの親父」

某女性の理容員に完全意表をつかれた。


(激怒↑)


トホホ・・・。

バレとったんかい。


行動の心理を。

「嫌いと言うより、許せん奴」が正解だ。


(激怒↑)



実は、前回の頑固親父とのやり取りを粒さに聞いてたのだという。

それで覚えていた。


自分の何気ない挙動が、過去の事例から、完全に

読み取られていたことが痛い


女の勘は侮れないな。おおこわ!!

でも、サンキュー。

頑固親父はあの後すぐに、昼食にでたらしい。

自分の行動はすべて、水疱に帰した。

気を取り直して店内へ。


でも、

何と言う日だ!。



Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

417 やる気ある?

 【12//2017】

あ~あ。

暑いですね。もう真夏ですか?

皆さん、どうしてる。


どうでもいいけど



やる気なし


その上


だけど、ブログも時々、更新したいし・・・・・。

なので



と、いつも思ってますよ。

でも、現実は甘くねーな。


でも、地震とか、UFOがきたら、俄然、騒然、

取るものも取り敢えず、疾風の如く・・・・。

飛び出して行く、

可能性、大だな。


最後まで、読んでくれた人、いい人だよ。

ありがと。ね。



Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る