カーフィルム施工でshopに感動したの巻

 フィルム3

今回はどうってことはないのですがちょっとネタに
の谷間におちこんで。暇のある方はお付き合いを。

先日、カーフィルムの施工に行ってきました。
思いがけない店のサービスにすこし感動して帰って
きました。

カーフィルムの施工店の選定は
 1、価格
 2、施工件数など
   ですが選定したSHOP、後日、良く調べたら各方面で名の
   知られているところでした。^^.
  
そのSHOPでは割引セールで価格は次のようでした。
レギュラータイプ(国産フィルム)
29、450ー ------> 23、520ー
  
ハイグレードタイプ(3M高級フィルム)
    38,220- ------>26,755-
(F30はMサイズで小窓を含み、リア5面となります。)

この価格から見ると明らかにハイグレードを選択させる
価格設定ですね。私もハイグレードを選びました。
こちらのSHOPさん住友3Mの施工認定店となっております。

もちろんプロの仕事ですから仕上がりがとてもいいです。 
 ふぃるむ1
さて、施工依頼をしたとき、5,6時間預けてください。
という事でした。SHOPでは待ち時間稼ぎに近くの温泉を
お勧めしているので、私もそうすることにしました。
それにしても5時間は長い。
10時に預けて14時に戻ってきたのですが、施工はどうも終了して
いるようなのです。
それでも返してくれそうな気配はありません。
そこから、車の清掃が始まったのだ、1時間20分、外、内、タイヤ
ワックス、すべて、もちろん無料です。おかげで新車に戻りました。
とくに足回りがきれいだとうれしいですね。

このおもいがけない丁寧な、時間をかけた、しかもロハでの
サービスの以外さに妙な満足感に引き込まれた。
いままでいろんなSHOPで作業していただいてましすが、初めてでした
こんなこと。   

タイヤ1
スポンサーサイト

44 BMW F30 サブコンその後パート2 と燃費は?の巻

 SP1.png
サブコンを搭載した我車は走行中異常が発生した。
サブコン販売会社からマフラー交換によりブースト圧リミッター
がかかったためと指摘を受けた。 そのため設定の変更を促されていたのだ
---------------------------------------------------------
サブコンでまだ一つ抱えていた確認事項、高速走行でした。
が、その後それも異常なく終了しました。
前回の設定変更でデジSWの値を2段階下げた設定をして
走行テストいましたが、現在はこれを1段階戻し初期設定
より1段階だけ下げた状態でセットしてあります。

そこでインプレと行きたいところですが当方、感性が低い
こと、表現力が乏しいことなどで不可能です。
なので感じたままを簡単に書いてみます。

SP2.png

レスポンス
以前にも書いたのですがコンフォートモードのレスポンスは
328なみという印象だった。トルクが太くなり本当に驚く結果です。ストレス解消。
しかし、エコモードでは設置以前のエコモードに比べてそれほど
変化を感じることは出来なかったことは不思議だ。

いうなれば
通常走行ではコンフォートモード。
エコモードはクルコンでということでしょう。

 燃費
燃費に関してはデータになるようなことは何もしておりません。
サブコン搭載前と同様の走り方(クルコン併用、走行モード併用)
をしていますので総合燃費とでもいいますか、ただ、サブコンありなし
の単純な比較でみると市街地走行で燃費計が10Km/Lで変化
なし。大きく変わることがないことは事実です。 
      
SP3.jpg

      

YUPITERU   EXP-R327 レーダーを設置の巻

  EXP-R327.jpg
  設置に選んだEXP-R327
  
  レーダーは安全運転、快適ドライブには必需品と
 なっていると思いレーダーを取り付けることにしました。

  しかし、いざ取り付ける段階で設置場所選定で苦労しました。
 付属の取り付け台だとダッシュボード上なので
 炎天下でははがれてしまいます。
 
 その結果、下の写真のようになりました。
EXP1.jpg

EXP2.jpg

IMG_0215-1.jpg

使用したアタッチメントは以前に紹介した
VP-T201.jpg
です。使用せずおいてありましたので。
これを加工してレーダーを貼り付けました。
本体が小さいのでストレスもなくおさまりがよいです。

主題のEXP-R327ですが
取り付けたばかりでまだ使い慣れていませんが、多機能でありながらシンプル。
 やたらと警報、警告の告知が出て音声が騒がしい感じです。
それでいて、危険(?)がせまると表示画面から感じ取れるので
スピードをつい落としてしまう。そう言ったレーダーです。
でも、設定で自分用にカスタマイズできるのだ。

ユピテルレーダーのOBD接続について、ユピテルのホームページ
では外国車は接続できませんとなっていますが、BMWのF30の中にも
一部接続可能な車があるそうですよ。
 とあるSHOPで聞きましたが。 

関連記事
 OBD接続もいけるぞ

BMW F30 緊急始動方法 再試行の巻

緊急始動方法については、以前に紹介しましたが、一部訂正も含めて
もう少しわかりやすく写真入りで再掲載してみます。
この操作が必要となるという事はまずないのではないかと思いますので
試す必要すら感じていないものと思います。

という人に限ってこういうシチュエーション陥るのです。世の中
そんなもんだと思いませんか。なれておくといざ、と言うときに
あわてないですみますよ。

過去のキー綴じ込みでかなり後悔してますれば。
知りたい人のみ下記へどうぞ!!。
IMG_0019a.jpg

写真上の黒枠で囲まれた部分がキーを押し付ける部分です。

車に乗り込んだらスマートキーから電池を外してください。
その後写真下のようにキーを押しつける。
取り扱い説明書とはキーの頭と尻の方向が逆かもしれませんが
これで問題ありませんよ。

  key1.jpg
押しつけながらエンジンのスタートSWを押す(ブレーキ踏まなくてよい)
写真下のような表示が出る。
key3.jpg
”エンジン始動不能”の表示が出てもそのままキーを押しつけ続ける。
”エンジン始動不能”の表示が消えたら再びエンジンのスタートSWを押す
(ブレーキ踏まなくてよい)

すると写真下の表示がでる。
 key2.jpg
この表示が出たら素早く、ブレーキを踏んでエンジンスタートSWを押す。
これでエンジンがかかります。
うまくいかない場合この作業を繰り返す。
慣れると1発始動可能です。

*途中で”キーを押し付けてください”のメッセージがでることもありますが
 そのときは、その指示に従ってください。そしてこのメッセージが
 消えたらエンジンのスタートSWを押す(ブレーキ踏まなくてよい)
 そして”エンジン始動可能”になります。このときにブレーキを踏み
 始動SWを押す。