♬わがまま 備忘録 (^^♪

☆BM/MB/LEXUS INFO☆Radical Coupe RC☆
2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

BMW F30 地デジ取り付け時、コンソールのAUXINの利用方の巻

検索キーワードで一番多いのは"サブコン”に関するもの。
2番目が”地デジ取り付け” に関するものです。
ここで取り上げるのは、地デジ取り付け時の音声処理
についてです。操作としては基本中の基本ですが
、あえて取り上げました。

 コンソールボックスの中にあるAUXIN(ステレオミニ)端子(下図)
  に入力された地デジの音声出力信号(アナログ)は・・・
usbIMG_0120_convert_20130124160051.jpg
idrive 画面にこのメニュー画面をだし・・・
CD/マルチメディアをセレクトしenter押す。
DSP2.png
そしてジョグダイヤルを←(左)側へ倒すと下の画面が出る。
画面が出たら”外部機器”に☑をする。
AUX1.png
そしてenterをすると下図がでる。
フロントAUXに☑マークをする。
そしてenterを押す.
DSP1.png
 そうすると下図が出るのでジョグダイヤルを回しAUXの基本音量を設定する。
  DSP3.png
これでAUXINからの音声がスピーカーより流れる。
地デジ視聴するための音声操作はこれだけです。

テレビを純正モニターに表示するためには、チューナーと
F30のCIC(基幹コンピュータ)の間にAV-interface
を介在させなければなりません。

よって画面の切り替えはidriveで行うのですが、
その操作方法はAV-interfaceのファームの指示に
依るところとなります。AV-interfaceはテレビ画像
割り込みの処理をさせるだけなので音声までは手が
まわりません。
 
テレビ表示と音声のAUXINは個々の動作なのでそれぞれの
操作により切り替えが必要だということになります。
CD、ラジオなどに切り替えたときはAUXINは自動的
に解除される。

 関連記事
 純正モニターに地デジ化完了
スポンサーサイト

AR GPS NAVIを評価の巻

 今回はARナビを使用してみた。
 まず、ARナビというものをご存知でしょうか。
現実風景に情報を重ねるってやつです。
 こんなナビを売っているのはパイオニア サイバーナビですね。
 高性能ですがこれが高価過ぎて今時買う気がしない。 

 この臨場感を体験できる無料で使えるARナビがあるのです。
 それがアンドロイド版にある”AR GPS NAVIGASION”です。
 これを評価してみることにした。

 今回は下記機器で試行した。

 1、常時インターネット接続の環境が必要なのでiphone5のテザリング
   を使用。
 2、ナビ表示用としてASUSのMEMO PAD HD7を使用。
   GPS搭載している。Wi-Fi接続ができる。
   カメラが背面にもついている。(NEXSUS7 2012年版はNG)  
 
AR1.png

  使用したAR GPS NAVIはアンドロイド版で中華製らしいです。
 日本語表示ですが変な日本語で出て来ます。
 下図のようにリアル映像の上にナビ情報表示されます。
 右は地図が表示されるようになっていますがこれは4つのメニュの中の一つです。 
 設定としてはカメラを道路の中心に合わせるようにpadを設置するだけです。

AR2.png

 注意点としては
  Wi-Fiが接続されていないとモードが動かない。
 GPSを受信しないと
  地図が出てこない。
  目的地を設定しても案内が出ない。
  などです。

 ナビさせるまで少し時を労すると思います。
 これはスマホのアプリなのでスマホで試して見てください。
 画面が小さすぎですが。 

AR NAVI 走行画面 で確認できます。

  このARナビは次世代的要素の強いシステムですが、本ナビはβ版なので
  まだ不完全です。リルートが不得意で、始め設定したルートを逸脱すると、迷路に入り
  こむというか案内が崩壊することがある。しかし指定通り走行すると使えるたの
  しいナビソフトです。表示の仕方、出し方についても改良の必要性が多く見られ
  ました。

BMW F30 スマートキー電池交換の巻

 F30のスマートキーの電池交換に関するキーワードで検索されている人が
以外に多いので解説します。ただ、こじっても外せない。

 スマートキーは下図のように赤丸の部分を押して頭部を引き抜くことができます。

BMW key 1

 次の図は頭部を抜いた後、上部からみたものです。
赤丸のフックが裏カバーをロックしています。

BMW key 2

 ここにドライバーなどを差し込みロックを外す。
 (本来は外したキー(頭部)を差し込みロックを外す構造だと思うが
  うまくいかなかった)

BMW key 3

 下の図は外した裏ブタのロック部分

BMW key 4

 おまけ
 ご存知かな、BMWのスマートキーはこんなことができましたね。
  
  △窓ガラスを閉め忘れた時
   
    スマートキーでドアロックして、そのままロックSWを押し続けると
    パワーウィンドウが作動して、窓ガラスを閉じる。

  △窓ガラスをリモコンで開けたい時

    スマートキーでドア解除して、そのまま解除SWを押し続けると
    パワーウィンドウが作動して窓ガラスを開ける。
    (夏季に車内が高温の時とても便利です。)

欧州向けトヨタ車、BMW製エンジン初搭載

ご存知でしたか トヨタがBMWのDエンジンをヨーロッパ向けの
”バーソ”に搭載することを。

633649.jpg
でもエンジンだけですから。
トヨタ車がBMW車になるわけではないのであしからず。

しかし、BMWでは初のFF車を発表している。事態は複雑化してきた。
この車、FFであること、フォルムが似ていること、時期を同じくしていることで
バーソと同じプラットホームの車ではといわれている。
BMWのFF車にはほとんど興味はありませんが、まじでトヨタ車がBM車になったってことも。


こんな情報も
トヨタとBMWの共同開発スポーツカー…BMW版は「Z5」か”
ハイブリット部分をトヨタが担うというのだが。
車体はBMWが主体で、内装はトヨタ主体行うなら期待できる。かな。
はたしてトヨタ版の車名はいかに。(スープラとか???)

COWON AW1 ドライブカメラ搭載の巻

 以前からドライブカメラを検討していたが・・・。

        ↓
 あのstudieさんも取り扱いをしているようなので・・・。
 
       ↓            
cowon wifi2
にきめた。
実物は想像していたサイズより2倍は大きい印象。

 感想
 形状:UFOカプセル型 面白い
 操作:カメラ自身で判断動作。操作なし。
 設置:少し手間がいる(WI-Fi等の設定)
 画像:FULL-HDはとても鮮明だ。だが彩度が低い。iphone動画の方がかなり鮮やか。
 装備:Gセンサー内臓でカメラが自分で動き出すことも。
 設定:スマホでWi-Fiを通して。またはパラメータは直接SDに
    書き込み可能なのでパソコンで設定し、カメラにSDを挿入。
 画像確認:Wi-Fi及びビデオ出力による。
 欠点(?):発熱で高温になりやすい印象で誤動作防止機構が働く。夏が心配。
 
 カプセルカメラ3
<カメラの取り付け画>

 画像1 カメラWi-Fi --> iphone5 --> 純正モニター(AVインターフェース搭載車のみ)
リアルタイム画像、収録画像再生どちらもOK (iphone 専用のアプリ使用)
カプセルカメラ1
 <実際の画像>

 画像2 パソコン編 カメラのSDを抜きパソコンに入れる。(専用の再生ソフト使用)
    収録画像再生のみOK、パソコンのWi-Fiによるリアルタイム画像表示は現在、出来ていない。

パソコンMG
 <実際の画像>

 画像3 カメラビデオ出力 --> 純正モニター (AVインターフェース搭載車のみ)
   リアルタイム画像を見るだけ。(オプションの専用ケーブルがいる)
   画質はWi-Fi受信に比較して、ビデオ出力であること、ケーブルが長く
   なることなどで多少S/N比が劣化するため落ちてしまうが鮮明だ。
   SD内の画像は問題なし。
   画像は画面フルで表示できる利点がある。 

カプカメ10
 <実際の画像>