2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

420 トランプ氏がなぜ大統領になれたか。

 【04//2017】

ここに書いてることは鵜呑みにしないことです。

(とはいえフェークを書いているつもりはありませんが。)


アメリカン ファースト


みなさんが全く信じないでしょうが、当たり前なことですが。

世界的陰謀といものがあるということはかなり以前から言われてますね。

「ほんの一握りの大金持ちがアメリカを世界を動かしている。」

まさに、陰謀が隠蔽をもたらしてる構図だ。



トランプ大統領のような、政治の経験もない、なり上がり的人物が

いきなり大統領に選出された理由について今、こんなことが言われ

てますので記しておきます。


アメリカでは、ユダヤ資本、ロックフェラー資本等がある地下組織を

作り、政治家に莫大な資金提供している。そのため、

政治家たちはその手先となり、提供者のいう政策を決定していく。


          

(金正恩)               (この方も金ジョンウンさん)えらい違うね。


さて、アメリカ、では7,8年前くらいにテロ防止法が制定され

監視・盗聴が各方面に張り巡らされており、ヒソヒソ話もでき

ないし個人のプロファイル化も進み、それにリンゴマークや検索屋

がそれに加担させられているということです。

とても、おそろしい国になっているそうだ。と、まるで、刈上げ君

国家のようだ。


(世界を牛耳る300人委員会?)


トランプ氏はもともと、政治家ではないので、このような黒幕たちの

背景がない唯一の大統領なのだ。

この傀儡の政治に嫌悪感を持った国民はトランプ氏に投じた

わけです。

このピンチでも、トランプ氏の人気がなかなか落ちないのは、

米国民にとってトランプ氏は既存の政治家へ反旗の象徴

でもあるのです。



国家の基本である領土保全で米国から安全保障を受け、米国任せ

の日本は、米国の傀儡政権でなくは成立しない国なのである。

なぜなら、米国に対して丸裸同然であるからだ。米国の圧力に

耐えうることは不可能なのです。

各地点在する米軍基地により日本は言わば常に占領状態にあるの

です。


その顕著なのが日本版、テロ等防止法の成立だったのだ。

これによる国民から収集された情報は米国の戦略に組込まれて

いく。まさに陰謀です。



自国民の生命を守れない政府はもはや、国家の体をなしてない。

中国やロシアよりは米国が信用できるというだけだろう。

しかし、不穏な国々が周辺に存在している現在、米国の後押しが

ないと存在すら危ういという現実もある。

スポンサーサイト

Category: 世相を斬る

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る