2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

110 F30 純正クルコンをDIYと思えどもの巻(2)

 【06//2014】

世の中、何事もそうですが人に頼らず自分で道を付けようと
すると紆余曲折、挫折感は付き物だ(弱気?)
しかも自分にできる事とできない事がおのずとみえてくる。
自分の限界を知るということなのか。(益々弱気)

なにもクルコンをとり付けるだけでこんなオーバーをいってる
訳ではないのだが、以外とたいへんな作業である。

1、ネットを駆使して部品のP/N特定(P/N=パーツナンバー)
  部品の購入できるサイトは以外に多く存在しますが
  P/Nを記載しないと注文できないサイトがほとんどだ
  車台NOと部品名で注文するとその車の生産時のデータ
  で部品(クルコンなし)が確定されるため、本来要る部品
  が手にはいらない。

これが”SET”
MFL1.png
 
これが”LIM"
MFL2.png

2、コーディングの項目でサイズの大きいものがあり、ACC
  で行うので長時間のコーディング中にACCが落ちてしまう
  ことがある。この場合の対処法、リカバリーの方法をあら
  かじめしっておく。

3、エアーバックの外し方がきびしい。一度経験できれば
  2度目はできるかもしれない、シンプルだと言うが
  見えないのでつぼにはまらないと外せない。

  現在まだ完成してないがとりあえずこの3項目チェックしている
  部品は入手ずみです。クルコンのSWが”LIM”と”SET”の2種類が
  あり日本車に採用された”SET”を必死にゲットした。
  これはディスコンとなっており、日本で最後の1個だと言われた。
  (自分は”SET"が日本仕様とばかり思っていたがどうも”LIM"
  らしいのだ。2014版に乗られている方どんなになってますか??

  しかし心配しないでください。”LIM”のSWはありますので、ただ
  こちらの部品は日本で買うと2倍しますよ。ボッシュ製でした。

  エアバックの取り外しは諦めました。ワンタッチでバネで引っ掛
  けるらしいのですがヤミクモにすることはやめました。
  あるSHOPでSW交換を¥8Kでおねがいすることにした。

  まだしばらくかかりますがコーディングデータ、部品のマッチ
  ングを含めて喜びの報告となるか、顛末記となるのか楽しみ
  です。
  成功を祈ってくだされ。(笑)
  
関連記事
スポンサーサイト

Category: BMW F30

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks