スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

118 BMW 自車知る1⇒システム構成編

自動車メーカーは車台ナンバーで生産車を管理しており、それは
データベース化され公開されています。
購入した自分の車のシステム構成が簡単にわかる方法を紹介
します。(DIYでコーディングをされている方は普通に覗くことがで
きるのです。)
またその情報から自車の部品の特定に利用することができます。
そのアルゴリズムは良く練られたシステムですが理解するまで
かなり時間を要すると思われます。
下記にアクセスしてください。
VIN & PARTS

すると下図のページがでてきますので”VINで検索”
に自車の車台番号を入力し検索します。
etk-10.png
すると下図の一覧が出てきます。これは自分の車の情報です。
etk-11.png
以上のように車の仕様が表示されます。
そして下側に自車のコードとインターフェースが表示されます。
これは、部品の特定とその部品を動作させるために
必要なインターフェースの道標となっています。
ほとんどの電気部品はインターフェース(ソフト&ハード)
を介してECU(DME)に接続され機能していると考えて
いいのでしょう。
そして、このコードは新機能を追加するとき、
部品を交換したとき、なにをすべきかの道しるべとなります。
(コード=ビークルオプションコード)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。