スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

119 BMW 自車を知る2⇒部品表を覗こう 編

ここからは興味のある人だけということで。
前回に続き今回は部品の構成を覗いて見ようです。
部品の特定はなかなか厄介です。
それでもコードとインターフェースの情報を駆使する
と何かしらぼんやりと見えてくるものがあります。
これを繰り返すことで繋がりやアルゴの理解力が少
しづつ上がっていくかも知れません。
まず前記事のアドレスにアクセスします。
そして”BMWアクセサリーカタログ”を押す。
etk-12.png

”BMWアクセサリーカタログ”を開くと同じ場所に
”BMWのパーツ”と表示が変わるのでこれを押す。

etk-13.png

すると下図の画面で出るので"3'"、F30、320i
とセレクトする。

etk-14.png

下図のリストが出てくる。これが部品カテゴリー
の分類表示です。日本仕様車の基本は分類上
ヨーロッパ車となっているようです。

etk-15.png

次にプルダウンメニューの当該事項をセレクトする。

この部品カテゴリーの中のどこにどの部品が括られて
いるかは知る由もなし。
パーツナンバー、品名(一部でも可)が分かればページ上
のパーツ検索が可能です。
カテゴリーから部品を特定する場合は予測をしながら
カテゴリーを選択しますが99%外れます。これに
めげずに続けるといつかは・・・・・・。お!これだ。となる

となることをお祈りします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。