2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

133 知ってるつもりで知らない燃費計測の話

 【29//2014】

さて、今回は燃費計測についてです。きっかけは欧州複合モード
の計測なるものが理解できていないために国産車とは単純に比
較できない。それどころか10・15モードもJC08モードもよく理解して
ないことが・・・・・。 IMG_0351-2
こちらから

燃量消費率を測定し公表することはエコ、省エネの観点から
必要不可欠となったが2012/3まで採用されていた10・15モード
測定法は実走行との乖離が大きいためユーザーから不満が
よせられていた。

一方欧州では欧州複合モードという測定法が用いられ実走行に
もっとも近い条件(欧州での)で測定された。2012/4からのJC08
モードはこれを参考にされたと言われる。

□10・15モード測定
国土交通省認可時の測定条件
3,000km 慣らし走行後の車両
完全暖機状態 60km/h 15分暖機後モード測定
走行抵抗設定 車両(空車)状態+110kg(2名乗車分)
搭載電気機器 OFF状態
エアコン OFF状態
走行速度は市街地で20 - 40km/h、郊外や自動車専用道路
で50 - 70km/hである

□JC08モード
1Lの燃料で何km走行できるかを、いくつかの自動車の走行
パターンから測定する。
より実際の走行パターンに近い測定法を実施。測定時間も倍
近く長くなるほか、平均時速も高められ、最高速度も70km/h
から80km/h(高速)に引き上げられた。
 
□欧州複合モード
市街地40 - 60km/h、郊外70 - 90km/h、高速道路120km/h
という速度である一定の条件で測定される。
100Km走行に何リットルの燃料が必要かです。
JC08モードとは言い回しは違うが切り口は同じということに
なります。

欧州は欧州人の日本は日本人の実走行パターンに合った
条件でテストが行われるが、JC08モードからはそれらは大
きい乖離はなくなったというはいうが。

以前、日本の10・15モード走行で良好な結果を出した車が
欧州モードでは欧州メーカーの小型車より燃費が大幅に劣
るといったことも多いという。(ホンダのフィットは
10・15モードで24km/lだが欧州モードでは17.5km/lである)。

一般的には高速走行をメインに設定されている欧州車は
パワートレインを日本向けに設定が施されていないため、
混雑しない一般道、高速道で燃費がよくなる傾向にある。

車は最低燃費が法律で決められているのですよ。
images123
関連記事
スポンサーサイト

Category: BMW F30

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks