2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

161 ついに来たー。Cクラス(W205) ディーゼル車、日本投入だぞ。

 【23//2015】

メルセデス・ベンツ日本は2015年度中に8車種を投入
すると発表した。
その車種とは、まさに管理人の待ち焦がれていたもの
です。価格面でとても気になりますが。
shirofuku2.gif
824918 benz
<画像レスポンスこちらです>
メルセデス・ベンツ日本は2015年に投入を計画の
新型車はディーゼルハイブリッド車を含む8車種
です、しかも4月1日付けで平均2%の値上げを
実施するそうな。
まずはGL350 Blue TEC 4MATICを発売する。3リットルV6
(クリーンディーゼルを搭載)からはじまる。

春ごろにはメルセデス・ベンツ日本として初めての4気筒
クリーンディーゼルをEクラスとCLSクラスに搭載、
年後半には4気筒クリーンディーゼルおよびプラグインハイブリッド
をCクラス、そして日本初のディーゼルハイブリッドを年内に
発表する予定だという。
(待てよ、ということは2016年に発売予定のBMWのプラグインハイブリッド
328Eより早く市場に投入するということだ。ましてBMWの
ディーゼルハイブリッドなんて聞いたことないぞ。
BMWはどうするんだろう。と気がかりではある。)

狙い目はクリーンディーゼルかディーゼルハイブリッドと
思われるがやはり問題は販売価格だろうな。

かなりそそられるもまだハードルが高い。リーズナブルな価格で
設定をお願いします。という思いである。

ベンツのクリーンディーゼルは排出ガスに尿素水溶液“アドブルー”
を噴射して窒素酸化物を大幅に削減するBlue TEC方式を
採用しているので定期的に尿素水溶液“アドブルー”の補充が
必要だ、この点はBMWや、マツダのディーゼルと異なるが排ガス
規制おいてはより優れた環境性能を実現しているという。

この尿素水溶液“アドブルー”の補充は走行距離によるところが
大きいが通常、年1度で大1枚くらいという記事を見た記憶がある。

4月より2%の値上げというがいままでは”円安でしょうがないか”
だったが、欧州中銀が2015/3より2016/9まで量的緩和を
600億ユーロ/月で行うということなのでユーロに対する
円高がすでに促進され初めていますね。
このことは価格の面で好材料となっていくことは間違いない
でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

Category: mersedes

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks