2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

198 2015年式 BMW F系がコーディング不可のワケ

 【29//2015】

2015年製のF系に対してBMWはDIYコーディング対策
に乗り出したという。しかし、防御するものがいればそ
れを打破するものが必ず現れる。


さて、DIYコーディングに対してBMWが対策に乗り出したというがどう言う
ことなのか。
BM車にはI-LEVELというものがあり機能や装備等が変わるとI-LEVELが
上がる。そして仕様を決定するpsdzdataVerとI-LEVELは同期している。

このコーディングを阻んでいるのがpsdzdataだという。psdzdata Ver55.0で
対策されたということだ。そして2015年からのF30はVer55.0のpsdzdataと
I-LEVELを同期させているということですね。

psdzdata Ver54.2とVer55.0の操作上の違いはなにかというとE-SYS上の
画面でVer55.0はパラメータの名称、説明書きがマスキングされ表示しな
いそうです。これではコーディングできませんね。

これが解決できないとツールセットの作成ができないわけです。しばらくこ
のツールがヤフオクに出てないのはここに理由があったのですね。

基本的にはメーカーでの対策であるが、旧車でもDで対策が可能らしいの
で注意が必要だ。
それでは今後、新車両にコーディングは不可能かというと、実はもうすでに
解決された方がいます。今回は思いのほか短時間で解析されているような
のでBMWは次の一手を打つかもだ。しかしコーディングは今までとは違い
かなり面倒なようですぞ。

元記事はここです。

ヤフオク 【最新】BMW F系コーディングマニュアル(最新車両対応版)
で探してみよう。

補足
2014以前のF系で、すでにコーディングされている人もpsdzdataを55.0以上に
アップするとコーディング不可になると思われますがこれをする意味はないと
は思いますが注意しましょう。
関連記事
スポンサーサイト

Category: BMW F30

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks