2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

199 ドライブカメラ画像表示はハイブリット機器で

 【01//2015】

管理人はドライブカメラにCOWON AW1を使用しているが画像
確認のためには毎回スマホ、タブレットを持参し、しかもWi-Fi
接続をしなければならい。
最近これが億劫で他の方法がないか考え始めていた。
cowon wifi2

COWON AW1はWi-Fiの他にVideo outの端子を備えている
これを何とか利用する方法はないだろうか。
この際、カメラ画像を確認できるレーダー内臓のディスプレイ
だとさらにすっきり取り付けられる。

探してみるとカメラ+レーダー(Vedo in端子付き)のものがセ
ットで販売されていた。形態は、数種。その中で選んだのはこ
れだ。
85 m
COMTEC ZERO-85M

ミラー型レーダーで、4インチのディスプレイ内臓、これに外部
映像入力端子付きというものだ。レーダーとモニターのハイブ
リット型である。
いずれは次期RC300hにも取り付けるつもりで購入した。
ルームミラーに被せるのだが、ここで大きいミスを犯してしま
った。

RC300hのDオプションのことをすっかり失念していたのだ。
バックソナーとコーナービューカメラはどちらか一方しかオプ
ション出来ないので、コーナービューカメラを選択した。
このときこのカメラ画像を表示する場所は下図である。
k2kurc01.jpg
ルームミラーの左端がディスプレイになっていたのだ。
(下はコーナーカメラ)
なのでルームミラーにかぶせることには躊躇した。では何処
に設置しようか。ここしかない。フロントガラスの上部だ。しか
し法令ではどうなっているのだろう。
乗用車の取付可能エリア
結論はフロントガラスへの貼付物ということで規則があり
1、ピンク部分(開口部ガラスの上から20%以内なら無条件OK。
2、20%以外でも運転席からルームミラーで死角の部分ならOK.
--------------------------------------------------------
※ 貼付物とは・・・
ガラス面の装着物(窓ガラスに一部 又は全部が接触又は密着)
を意味しています。
「取り付けられる装着物の台座の粘着部分」のみが規定の対象
になります。」

--------------------------------------------------------
ということは本体がガラスから浮いた状態で、台座の粘着部
分が20%以内に収まっていれば本体がそれより下にはみ出し
てもいいということか。とりあえずはフロントガラスへの貼り付
けは可能となった。

取り付けたとき出来るだけ前面に飛び出さないようにしなけれ
ばならない。下記のホルダーが目に止まった。これだと思った。
かなり強力な磁石でしかもいつでも脱着可能だ。
SL1500.jpg
これを2個使用して固定することにした。イメージはこんな感じ
かな。
zero8m set

取り付けに関してはまだ空想の世界ですがもし参考となる
ことがあればさいわいでありまする。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks