プロフィール

SAEGT

Author:SAEGT
2015年6月より LEXUS RC300hです。(^^♪

 カウンター      
知的好奇心秘密クラブ登録
maxresdefault2.jpg
リアルカウンター
現在の閲覧者数:
分類
Category Sum
全記事一覧
ギタカラ 3
自然 公園 散歩 15
未分類 67
ネットあれこれ 1
オーディオ 2
BMW F30 194
世相を斬る 2
レクサスRC300H 65
mersedes 24
ブログ写真集
226

226 RC300hはこんな車だ。


RCが納車されて間もないわけですが直感的に感じるものは多くあります。
車というものは、他車と比較して違いがすぐにわかることと、しばらく乗らないと
わからないことがあると思う。今回はすぐにわかったことを率直に書いて見ます。

RC02.png


この比較対象は直近所有のBMW(F30)3シリーズということになります。
そして2Lターボである。

まず、最初に感じたことはステアリングだ、必要以上に軽くなめらか
でBMW3シリーズの比ではない。小指でもくるくる回る。必要以上の軽さ
であると思うが快適性を損なうような違和感はない。が3尻程度で
丁度よいのかもだ。

次はブレーキングだブレーキは断然RCだ。利きがするどい。3尻はだいた
い少し甘めだと常々思っていたところだ。RCは前後でキャリパーの大きさが
違ってる。前後で大きさが3倍ちがうのだ。こんなの管理人はかつて見たこ
とがない。前輪には後輪の数倍の制動力を与えているんだな。きっと。

キャリパー前 キャリパー後
(キャリパー前)                   (キャリパー後)

次は剛性だ。これも3尻はまったく及ばない。RCははっきり言って剛性の塊
である。身体と車に一体感というものは3尻を完全に凌駕しでいる。
車のコンセプトが違うので構造が違う。仕方ないと言えば仕方ない。

内装に関してはカローラとクラウンの違いはあります。どっちがカローラか
って、もちろん3尻でしょう。3尻の内装は価格の割には普通過ぎでしょう。

ハンドリングについては3尻もRCも思い通りのコントロールが可能で追従性
が同じくらい優れている。剛性のあるRCのほうが幾分気持ちよいということ
か。

サスペンションは個人的には3尻が好みである。ただ自分の3尻にはリジカ
ラを装着していたので純正のものとは多少違う動きのサスだったと思う。
RCは固めだ。セダンではなくスポーツクーペ仕様なので仕方ない。

パワー感であるが3尻とRCは走り出しの加速においてはよく似ている。
3尻のコンフォートモード、RCのノーマルモード。それぞれの違いを乗り
越えてここだけ一致した感じだ。RCは重いんだな。
レクサスもこの辺の車となると前・後軸の軸重配分は50:50できっちり
と仕事していますな。

もしRC300hがドイツ車だとしたなら、日本で販売するなら800万前後かな。
それほど内装外装のクォリティが高いと思う。というかドイツ車は高過ぎる
と思いませんか。

ある専門誌では競合はEクラスクーペ、4シリーズクーペとありましたが
3尻ではないことは明らかである。
フォルムの好みを乗り越えれば絶賛RCですね。
車種の選択で困っている人は、一度はレクサスで試乗はいかがですか。
決して高いといは言えない価格とクォリティの高さに圧倒されますよ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop