♬わがまま 備忘録 (^^♪ 238 深刻な”ETC2”の裏側の話だ。
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2015.08.01(Sat)

238 深刻な”ETC2”の裏側の話だ。

ETCはいまでは2台に1台は搭載しているというが、これからはETC2が
本格的稼働される。これがどういうものでどう変わるのか知る必要がある。
そしてプライバシーは、個人情報は守れるのか。取り付けたら護れません。
本当に残念です。常に捕捉されるでしょう。

【More・・・】



ETCは料金支払い処理を通信で行う事によりゲートをスムースに通り
抜けるだけのシステムを思っている人は多いでしょう。
ETCカードの先には個人がいるので今のシステムでも誰がいつこの
ゲートからどこのゲートを出たかすぐにわかります。
しかしこれは有料道路上のことです。

元来ETCカードは使用前にカー情報、個人情報を登録して使用すべき
ものでした。新車時DでETCを付けた時すべての情報が登録されてい
ます。しかし、個人で後付けされたものは情報は一切入りませんね。
だが、ETCを使用する段において個人が特定可能となるので登録と
いう行為はそれほど重要ではなかったのです。

(ここではETC2の利便性向上については触れませんので検索でもして
確認下さい。)
この利便性向上のETC2システムは事前登録が必須となります。今後、
ETC2へ多くの人の移行が予想されます。それは利便性だけでなく通行
料金そのものに大きくかかわるからです。そして今後はETC2用の車載
器のみの販売となってしまうでしょう。

DSRC.jpg

ETC2とはどんなものなのか。
ETCがDSRC(Dedicated Short Range Communications)利用してITS
(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)と随時交信
を行うものです。
これは簡単にいえばDSRC対応のETC車載器とITSと呼ばれる道路脇
に立てたポスト間で双方向通信を行い、常に最新情報を交信するとい
うものです。

いままでは高速道路上の話であるが、今年からITSは国道にも設置される。
つまり車が何処を走行していてもITSポストを通過するたびに捕捉される
ことになるのですぞ。ETC2が義務化されると”Nシステム”も”ETCゲート”
もいずれ姿を消しますな。

一例で、車の運行ルートが履歴として残せる。またETC2には加速度
センサーが組み込まれているのか、急ブレーキなどの挙動なども記録
され送信されるそうだ。その付近で事故があると疑われる原因となる。
(加速度センサーはITS対応カーナビのことかも。)

ETC2システムではITSポストが国道に設置されることでこれ以上はない
犯罪捜査補完システムと化する訳ですな。
これは国民総番号制で脱税防止の方策に似ていて、国民総プロファイル
化は着々と進行しているのだ。
賢明なる皆さんには恐るるに足らないということでしょうか。

(こんなことはないと思うが運転免許証に磁気コードを入れ、これをETC2に
挿入。運転免許証番号が確認されないとエンジンがかからない。なんて
しちゃえば理想の犯罪捜査システムの完成だ、可能性としてはすぐそこ
まできているかもしれないのだぞ。)

そうでなくても管理人のRCにはすでにETC2対応の車載器搭載でした。
レクサスは多分この情報も利用してG-Linkを一部運営してんるんでは
ないだろうか。なぜかいつも見張られている感がある。でもこれは
RCに仕込まれているSIMの性でした。

なお、ETC2による利便性向上情報の配信や軽減料金(ルートの整理)
システムは検討中であると思われるが詳細はわかりません。いずれ
近い将来実施するでしょう。
この中身は運転者が求めているものとは程遠いものではないのか。

ETC2.0 詳細

 
関連記事
スポンサーサイト
08:54  |  その他、一般  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saegt.blog.fc2.com/tb.php/238-f92198bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |