254 回顧録・我F30はここが行けてなかった。

8c1222204b42ab7eee46859842ea7035.gif

車の基本的である 走る、曲がる、止まる の安全性はどんな車でもそれなりにクリアー
している。そうでないと販売できませんからね。しかし枕詞に心地よくが付くと状況が
一変しますな。BMやMBやレクサスはそう言うところで高級車としているのだろう。
それは”必要充分なパワー”であり、”しなやかな足”であり、意のままに操れる”操縦性”
である。しかも今は高度な安全性や低燃費性、環境性も求められる。
しかしそれ以外のところで、BM3(F30)は果たして高級車と言えるのだろうか?


実は2012/6購入と初期の性か新車時から悩まされていました。これは私が所有した
F30についてです。現行車はたぶん改善されているだろうと思うので、今後購入を検討さ
れている人は誤解をされないようにお願いします。

ブレーキダスト・・・・・これはなんてことだと言う酷さでした。初めの頃は3日間で真っ黒
です。2年たっても3年たってもそう変わることはありませんでした。きれいなホイールで走
っていたなんてそうはない。これについては皆さんも指摘されてますね。

聞こえる異音・・・・・ある速度とか、路面からの振動で車の何かに共振して異音を発
する。気になりだしたら落ち着かない。ディーラーに持ち込んでも症状をだせない。

ワイパー泣き・・・・・新車からワイパー泣きが止まらない。頻度はまちまちであるが
大雨のときだけは泣きが出ない。

サイドミラー開閉の泣き・・・・・F30のサイドミラー泣きも初めから悩まされた。初期にD
に訴えたら、う~ん、それはと言って笑っていました。手つかずで手放すまで大きい音で
泣いてましたね。まさに”ミラーが泣いて、Dが笑って、オーナーが怒る”という構図だ。
それにボンネットが開かないなんてありました。納車3日後に修理に入庫しましたね。

設計上か、部品の品質か、組立の問題でしょうね。何が原因かわ知りませんがこれ
ほど不具合が集中すると私のF30はお世辞にも品質がいいとは言えません。

つまり、私が所有したF30は高級車並の価格ではあるがつくりは3流車ということになって
しまう訳です。また、完成車の品質がバラバラなら3流車である。当たり外れは基本的
にはあってはならないのだ。

このことはレクサスとは違いが大きく出てしまいますな。レクサスはそう言う面ではきっちり
仕事していると思うのだ。このようなことはRCには今のところありません。特にブレーキダスト
は皆無と言っていいほどです。

初めてRC300hに乗り率直に感じた事でござりますれば。BMは車の技術においては
世界をリードする会社の一つであることは疑う余地のないことですが、管理やこだわり
はレクサスには及ばない。ときには過剰品質と言われる物造りシステムにおいて日本人は
高品質なものを送り出しているのだと思う。その点、合理主義を唱える欧米では付いて
来れないのかも知れないね。すべては”おもてなし”の精神でしょう。

MBのW205の発売でBMのF30は内装のクォリティでは大きく差を付けられてしまいました。
価格相応の質は大事ですね。BM3の内装はW205と比較するまでもなくショボいです
からね。W205はこのクラスを一段引き上げた価値あるモデルチェンジとなったといえるので
はないですか。次期モデルチェンジではBMの内装良くなるでしょう。でもMBは必ずその
上をいく。これがBMとMBの構図だ。

3siri.jpg
(従来の3尻)
W205.jpg
(W205 Cクラス)
ただし、運転の楽しさ、心地よさ、フィーリングなどはどれもです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント