スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

272  レクサス ドラカメ画像を純正モニターに表示

emoticones-msn-cheveux.gif

レクサスの弄りネタです。管理人もかなりRCに慣れてきました。
このようなことはF30時代はよくやってましたのでブログにはたくさん
乗っています。レクサス(RC)では弄るところがないというか情報が
ほとんどないのが現状です。


これを施工するにあたりドラカメは映像アナログ出力がついていることが
条件です。管理人の場合COWONのドラカメを使用しています。これはWi-Fiと
video outの両方式で画像の表示ができる。
なお、この作業にはハンダ付けがありますすぞ。
cowon wifi2

レクサス車で、コンソールの中にミニブラグ3.5m/m4極のレセプ
タクルがあること。2種のコネクターを下図の説明通りにアサインすればOK。
mini4.png
”ミニプラグ3.5m/m 4極”
mini2.png
”ミニプラグ2.5m/m 4極”(COWONの場合)
上図のようにレクサスとCOWONとは3番、4番が逆接続で入れ替わってい
ますので注意してください。この場合3番と4番、4番と3番を接続すると
モニターに画像が映ります。
m-3.jpg

m-2.jpg

m-1.jpg

細いケーブルと2種のプラグがあれば出来てしまいます。純正ケーブルはそれぞれ
のメーカーで購入できますがどちらかは必ずプラグを入手し加工しなければ
ならない。どれもネットで探せば見つかります。
ドラカメはメーカー問いませんがレクサスのアサインに合わせます。
管理人的にはRCA AVケーブルはレクサス純正VHI-T61/VHI-T62のいずれか。
を購入してミニプラグ2.5m/m(COWON場合)を付けるのが楽かも。

レクサス(RC)側の操作
ホーム画面のオーディオを押す。
k-3.jpg
ソース選択を押す
k-2.jpg
そしてVTRを押す
k-1.jpg

これだけです。ただこの時、このプラグを差し込んでいる時は、ラジオ放送に
ノイズのりますのでご注意ください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。