スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

288 動き始めるVW改修

VWのリコール実施計画が発表されています。
排ガス不正が行われたEA189型ディーゼルエンジンに関して、
ドイツ連邦自動車局(KBA)から承認されたそうだ。
1YUREI.gif



VWのディーゼル車に、排ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載
していた欧州でのリコール計画だ。

その中身はEA189型ディーゼルエンジンのうち、
「2.0TDI」ではソフトウェアを更新する。
「1.6TDI」ではソフトウェアの更新と、「エアフロートランスフォーマー」と呼ばれる
部品の追加を行う。エアフロートランスフォーマーは、吸気量を測るセンサーの
近くに装着されるメッシュ材。
「1.2TDI」についても、ソフトウェアを更新するリコール作業で対応。

VW-01.jpg
(画像レスポンス)
欧州ではまず、
2.0TDIのリコールを2016年1~3月。
1.2TDIのリコールを4~6月から開始する。
1.6TDIのリコールは7~9月。リコール作業がソフト更新だけでなく、
部品交換も必要なためだという。
「リコールの作業時間は、2.0TDIと1.2TDIが30分以内。
1.6TDIが1時間以内」

ということで、今回はおひざ元のユーロ圏からとなっておりますな。
日本では平行輸入でいくらかははいっているようですが、あまり文句が言え
ないでしょうね。
日本向けを日本で購入しないとね。
不正をしているのは許せないですがね。

ディーゼルはどうでしょうか、これほどガソリンの価格が下がるとね。
VWはディーゼルから手を引いて、HVにシフトしていくそうだ。
印象が最悪だしガソリン車でも不正があるのでこれの改修も必要だ。

本当に大変なんだなVWは。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。