スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

294 New Eクラスが発表されました。デトロイト発

メルセデスはNewEクラスセダンを米国で開幕したデトロイトモーターショーで
お披露目した。
NewEクラスは、自動運転機能の「アクティブレーンチェンジアシスト」など、
多くの先進装備を導入したというのだが。
new E3

ボディサイズは、全長が先代比で43mm長い4923mm。
ホイールベースは先代よりも65mm延ばされ、2939mmとした。

new E2

室内は、ダッシュボード中央に大型モニターを採用。12.3インチのワイド
モニターが、オプション設定された。
ドライバー正面のメーターも、アナログとデジタルの2種類を用意。デジタルの場合、
サイズは同じく12.3インチの巨大スクリーンが2つ並ぶことなる。

new E1

ステアリングには、世界初のタッチセンサー方式のコントロールスイッチ。
ドライバーはステアリングを握ったまま、指でスワイプさせることによって、
全てのインフォテインメントシステムを操作できるすぐれものだ。

欧州仕様のパワートレインは、当初3種類で従来のものを移植しているという。
車体も更に大型化されている。
日本での発売はまだかなり先になりそうですな。
目玉はやはり自動運転機能でしょうか、これがどれほどのものなのかは
わかりませんが、Eクラスとしてはインパクトがあまりないように感じました。

<画像、情報レスポンス>
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。