2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.01.28 (Thu)

298 330e PHV 225XePHV 受注開始というが


BMW 330e プラグインハイブリットが受注開始されましたね。
やはり、トヨタのPHVとは、似て非なるものです。
こんな形態がドイツ式なのでしょうか。
購入を検討されている人はメリット、デメリットをよく理解した上で購入
されるのが懸命と思われます。

【More・・・】

 225xe アクティブツアラー PHV 四駆
 価格は488万~509万円 08モード 17.6Km/L 
 1.5リットル直列3気筒ツインパワー・ターボエンジンを前輪駆動専用
 PHVシステムは後輪駆動専用と変則的四駆である。

225ev.jpg

 330e 3シリーズPHV FR
 価格は554万 08モード燃費 17.7Km/L
 エンジンと電気モーターを直列に配置した後輪駆動方式で、エンジン
 とモーター併用または、それぞれ単独での駆動も可能というシステムと
 なっている。

330e.jpg

 X5 xDrivve40e PHV 四駆
 価格 927万 08モード 
 X5 xDrivve40eではエンジンと電気モーターを直列に配置し、常に
 四輪を駆動するシステムを採用している

 330eについて考えてみます。
 まず、着目点は08モードシステム全体燃費17.7Kmはノーマル車
 15.4Km/Lとあまり変わりないということ。
(1998CC 252PS)

 330eのメリットは電池だけで最大35km走行できるところにある。
 なので日に35km未満走行する人は1回充電すればガソリン要らずと
 いうことだ。
 しかし、長距離ではPHVの意味がまったくなくなるということだ。
 そのことは燃費が証明している。
 
 一度、フル充電の電池を使い果たすと、それからの充電は回生ブレーキ
 からチャージする程度なのでモータの力を充分に利用することができずに
 08モード燃費がPHVの割にはノーマル車と変わらないという結果だ。
 
 エンジン+PHVのトータルパワー270PSとか言ってるが瞬間的には可能
 かも知れないが、フル充電時以外ではありえません。 

 結論、35km走行してフル充電を繰り返してのればガソリン不要である。 
 この点は価値がある。しかしその他の部分でPHVとしては満足の行くもの
 ではないということだ。
 BMWもこの辺のところは理解しているらしく、価格を極端に安価な
 554万とデーゼル車並みに抑えている。

 この考え方はメルセデスのC350ePHVもまったく同じようだ。トヨタやホンダとは
 PHVシステムの考え方が違っているようだ。
 とすると、メルセデスはばか高い価格設定となっているぞ。

 987918.jpg

 ちなみにC350ePHVは08モード燃費17.2Km/L、電池走行30kmで価格が
 707万。330eと同じようなものなのに150万も高いのだ。
(1991cc 211PS)
  これは、管理人から見ると価値のないPHVとなります。ただ330eは価格
 を抑えているのでディーゼル車と比較するならそれなりの意味はあると思う。

トヨタのHV車はRCで言えばモーター単独で150PSくらいあり、エンジン(充電)
走行、EV走行、複合走行が効率に行える。
330e,C350eはモーター単独では充分パワーが得られないばかりか走行時の
充電もままならない。

低パワーのモーターの省電力性を利用して35Kmの走行を実現している。
要は初期充電を小出しにして使用しているだけの完全な補助機関となっている。
EV走行では走行速度においてもいろいろと制約が多い。
皆さんはどう思われますかな。

ただ一つだけ言えることはトヨタのHV言えども、高速道走行とはいえ、それほど
燃費は伸びない。たぶんエンジン走行の機会が多いからだと思う。
関連記事
スポンサーサイト
06:54  |  BMW F30  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saegt.blog.fc2.com/tb.php/299-0d83d151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |