336 過去の名車の再リリースの計画をウオッチして見た。

車の情報を見ていると最近の傾向として、過去に一世風靡したような
車の車名を使用して再登場させると言ったことが見受けられます。
噂されているもの、2,3取り上げてみました。
1057693.jpg 
シルビアは、日産が1965年に発売後、1988年の5代目S13シルビア
で地位を築いたが、2002年、惜しまれつつも生産終了となっている。
丁度10年後、トヨタのスポーツクーペ86が翌2013年には、モーター
ショーで日産がIDxコンセプトを展示したことで、シルビアの復活の噂
があったのだ。
 1057692.jpg 
予想されるパワートレインにはCクラスの1.6リットル直列4気筒ターボ
チャージャー付きエンジンの可能性があるという。メルセデスは2017
年にCクラス改良新型を発表する。

ホンダが2009年に生産を終了したスポーツカー、S2000だが同車の
後継車に関する新たな噂が、海外であるらしいのだ。
米国の自動車メディア、『car and driver』が報じたもの。独自の情報
で、2018年の創業70周年に合わせて、S2000の後継を計画中なのだ
そうだ。
 Ci2uaelUUAAA7sV.jpg 
S2000は、創業50周年記念車として、1998年に発表。2Lの自然吸気
エンジンとしては、驚異的な最大出力250ps。2009年8月、生産を終
了した。後継車に関しては、同メディアの最新情報によると、ボディサ
イズが新型マツダロードスター程度のFR駆動車で、2.0リットル直列
4気筒ガソリンターボ(最大出力310ps)を、搭載か。

マツダの次世代RX-7が復活、この情報の出どこは欧州らしい。
マツダがロータリーエンジン、50周年にあたる2017年はマツダ
にとって特別な年となる。300psを発揮する1.6リットル次世代
ロータリーエンジン、「16x」を搭載するRX-7を復活させる。 
トヨタとの提携で次期86へのロータリーエンジン供給もありだとか
ワールドプレミアは2017年の東京モーターショーらしい。
発売は2019年以降か。
913301.jpg

 fc2blog_2016052508513048a.jpg
(情報レスポンス)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント