♬わがまま 備忘録 (^^♪ 362 もらい事故 顛末記その(2) 見積もり編
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
2016.10.18(Tue)

362 もらい事故 顛末記その(2) 見積もり編

fache-non-non-248932.gif I_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gif
さあ、大変です。
前回、駐車場で休憩駐車した自分の車に鉄パイプが10mほど飛行して我が車に
被害を与えた件ですが、持ち込んだレクサスから修理の概要の説明があった。
それが大大大問題です。

これはレクサスがこの通りの修理をするとこうなりますと添えて来た言葉です。
大筋です。
① 修理した車は事故車扱いで乗り換え時に下取り価格がガクット下がる。
② Aピラーの切り貼りは衝撃吸収の面から安全性が低下する。
I_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gif
では、一体どんな修理をしようとしているのか。この段階では見積もり75万だ
そうです。
pulling-my-hair-out.gif 
DSC_0165-1.jpg 
上図のような修理を検討してるという。ひどいやり方です。まるで事故車専門の
再生屋ではないですか。こんな修理で、衝突安全が守れるというのだろうか。
レクサスもレクサスだとおもった。I_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gif

我車は2015年6月購入、約1年3ケ月。無事故。走行12500Km
オプション込みで、600万越え。庶民としては安い買い物ではなし。しかも、
とばっちり破損。と同時に卓越した衝突安全性も買ってる訳です。

特にピラーAは衝撃エネルギー吸収においては、運転席を保護する意味では
非常に重要で高張力鋼板を使用してる部位でもある。今時の安全性は綿密に
計算されシャーシ一体でバランスが保たれているので補強後は左右同じで
ないといけない。レクサスは周知していた。

上記、2項目はまったく受け入られるものではありません。即、丁重に拒否
いたしました。自分は何の責任もない。破損前に復帰してほしいだけだ。
何の条件も付けずに。自分が損害を受けて我慢する理由がありませんからね。

あの、条件を言ってきたレクサスもこちらが受け入れる内容だとは思っていな
なっただろうと推測はできる。
しかし、保険会社側ではなく、お客様側に立った対応というものが出来ないの
かねレクサスは。この行方は、後日談とします。
I_ANGR-1.gif I_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gif
関連記事
スポンサーサイト
13:38  |  レクサスRC300H  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saegt.blog.fc2.com/tb.php/369-656ae83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |