♬わがまま 備忘録 (^^♪

☆Radical Coupe RC☆あなたは真実を知らない。この世は、隠蔽と陰謀の世界だ。信じるも信じないもカラスの勝手です。でもここでは、フェークは書かない。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPレクサスRC300H ≫ 367 度重なる不運でわろた。

367 度重なる不運でわろた。

I_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gifI_ANGR-1.gif
さて、レクサスRCの不運に続き、続くときは時は続くものです。
今回は代車のクラウンアスリート200tです。自宅駐車場で被害に会ってしまいました。
下記画像の通りです。

DSC_0190.jpg 
朝、車に乗ろうとドアを開けたとたんに、リアガラスが落ちてしまい
ました。異物がガラスに当たってヒビが入っていたのだ。
保険会社の指示で警察に被害届を出し、調べたら2X3X1.5CMくらいの石が
出てきました。

犯人が不明の中、とりあえず事故扱いなり保険適用されます。
それでも免責限度額が自分の負担として当然生じる。
今我マンションは定期補修工事が行われているが、あやしいと思えども
小石ではインパクトに欠けるわけで。

RCもらい事故で修理車扱いとなり、代車がまたもらい事故で今度
7万円の負担、なんと付いてないことであろうか。

次にやってきた代車がこれだ。しかし、レクサスの力はすごいと思った。
自分の代車の要望をほぼ満たしてくれる。前ブログで書いたように通常では
保険会社はできるだけ低レベルの代車を提供しようとする。欺いてまでもね。
レクサスはクラウンを勝ち取ってくれた。今回も渋るレンタカー会社から
即日、レボーグを取って来てくれた。しかもクラウン修理後再入れ替え条件
付きで。

DSC_0193.jpg DSC_0194.jpg DSC_0195.jpg 
レボーグである。クラウンは丁度1週間でさよならです。
レボーグ君よ、今度こそ我を護り給え。こんなことでの出費はもうごめんこうむり
ます。
まぁ、1000歩譲ってクラウン、レボーグに試乗できたことはいいことだった・・・。
と思うことにしている。
クラウンとの再入れ替えは、今のところ考えてはいない。あと2週間程度で我RCは帰還
できるらしいので。

と思っていましたが、レンタル会社より、レボーグのレンタルが決まっているんで
クラウンの修理完了次第入れ替えさせて下さいでした。もちろんOKと答えました。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: No title
りょうちんさん。
いつもありがとうですね。

いや、ここまで来ると、2度あることは3度あるという言葉に
うなされてます。
3度目があると思いましか?

マインドコントロールにかかり、実際には試乗どころでは
ないんですよ。
必要以外できるだけ乗らないで通します。

レボーグは1600CCですが、普通の車でしたしね。先進装備は
しばらしいとは思いますが。

無事のうちにRCが帰還が帰還することを祈るのみです。
2016.11.02Wed 21:25 ≫ 編集
Re: まさか!!!
SESOさん
いつもどうも。

もうここまでくると怒るのではなく、笑わないとね。
すべてが自分の宿命がナセル業です。
笑って不運を吹き飛ばそうです。そうすれば厄の神も退散
しやすいでしょう。

と、いいつつも顔はひきつってしまってますが。
明日こそ、明るい未来が始まるんだと・・・。思いたい。
どうしたらいいでしょうか?SESOさん。教えてください(笑)

2016.11.02Wed 21:16 ≫ 編集
No title
SAEGTさん

こんにちは。

ほんとにこんな事ってあるの?って感じですよね。
しかもこんな短期間に連続で起こるなんて、ちょっと
信じられないけど現実なのですね。

でも、良いように考えると、確かに
クラウンとレヴォーグが試乗できる良い
機会ですね♪

存分に試乗して下さいです。
2016.11.02Wed 17:55 ≫ 編集
まさか!!!
SAEGTさんこんばんは(>_<)

ブログのぞかせていただいたら、今度はガラスがバッキバキになっていてびっくり!!
まさか台車までこんな姿になってしまうなんて。。。。

お怪我はありませんでしたか・・?

もう~いろいろと心配です(/_;)
2016.11.02Wed 17:54 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL