スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

453 未来を拓く人

 未来を切り開くために厄介なのが、常識というやつだ。

そして、その一端を担うのが教育だ。教育が悪いわけではない。

物事の普遍性や多様性も同時に学ばせるべきだろう。


とくに、社会にはびこるエリートと言われる連中は、常識を

こよなく愛する輩が多すぎる。常識がバイブルだね。


彼等は、人を管理し、制御することは得意だが、

突飛と思われることを、少しでも発する人たちを

こき下ろしそれにより、自分の社会的地位を高めようとする。


なので、常識=正論の図式を根本から崩したい。

何を言いたいかと言うと


というわけだ。

モラ・ハラの代表格と言われるエリートは要らない。さようらだ。

数学や言語以外の画一な教育は基本無駄になっていくというわけだ。

やはり、創造的で常識にとらわれない人が世の中を変え、進化させるのだ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。