2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

iphoneでHUDを表示しよう。第3回

 【09//2013】

第3回目は
 台座の製作です。
 ここで大事なことは、スマホを搭載する部分の仰角とブラインド
する部分の高さです。大体このようなのもと思っていただければ
いいです。大きさはスマホの寸法から推察してください。
スマホの下には、落下防止にノンスリップマットを敷いています。

機台1

機台2

 この台座はスマホホルダーの固定部分を取り外し、アルミを切断
して整形したものを接着しました。仰角とブラインドの高さに注意すれば
形にこだわる必要ないでしょう。この試作品では仰角の調整ができる
可動式なっています。なお、できるならブラインド部分も可動する
構造だとより良くなるでしょう。
iphone5をダッシュボードの上にポンとおいてもいいのです。
台座はどうしても必要とするものではありませんので悪しからず。

 <第4回に続く>

関連記事
スポンサーサイト

Category: BMW F30

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks