2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

424 あなたはこれを信じましか。

 【24//2017】

管理人は肩こりがひどいため、なかなか思うようにアップできてない

現状があります。


今回はかなり、恐ろしい話なので、真実であっても信じないで下さい。(笑)、知っても、我々人類にはどうしようもありませんので。


いま、地球は温暖化防止でCO2の排出についてとやかく言われていますが実、は寒冷化が進んでるんだという話です。

これは、温室効果ガスのような、地球が原因の小さな話ではなく、太陽の活動に関するもっと宇宙的原因です。


下のグラフは過去400年の太陽黒点の変化です。

ご覧のように1600年から1700年にかけて黒点がゼロに近づいています。このころ、寒冷化がすすんだわけです。



(黒点0の太陽)



太陽の活動は11年周期といわれ、下図のような動きで推移してますが、

最近では、活動期でも、黒点の数が減少しているのがわかります。

2017年は活動が低下中なのですが、すでに2016年で黒点の数が

ゼロとなっています。


そのため、2030年には、ミニ氷河期が始まると、NASAではいわれて

います。



さて、下記画像NASAの公式サイトの画像である。太陽の左上になにやら物体がみられます。太陽の大きさから勘案してもとてつもなく巨大な物体であることが想像できます。地球の比ではない。



拡大写真です。そのほかにも、右下画像のような物体も接近しています。太陽からのプロミネンスや放射線を考えるとこのような接近は不可能といわれるが、彼らは難なく接近している。



彼らは、定期的に太陽のエネルギーを吸収しているのではとも言われる。これが、太陽活動の低下を招いているとまでは分かっていないが、我々の知らないところで、想像を絶することが起きているということです。


これらの情報はNASAなので、疑う余地はないのかもしれない。

ただ、最新のNASAの情報だと、北極の氷はここ数十年で最大の

大きさに成長しているそうです。


最後に、信ずるものは救われるといいますが、こればかりは信じても

救われません。悪しからず。とうことで。

最後までありがとうございました。


情報元は下動画です。

スポンサーサイト

Category: 自然 公園 散歩

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

423 SONYは何処の会社

 【17//2017】

アメリカの黒幕、大富豪を調べてるときに、意外な事実に接することに

なりました。当然、ご存知の人もいらっしゃると思います。



ソニーです。ソニーは東京通信工業として井深氏、森田氏により東京で

戦後すぐの1946年に設立されたことは、周知のことと思います。

そして、社名がソニーに変更されたのが1958年でした。


そのSONYという社名の由来が自分には衝撃的でした。

SONYのロゴは、ソニーの世界初のトランジスタラジオが販売開始された

1955年からだという。

その由来はsonic(音)とラテン語sonny(男子)から付けられたという

のが一般的であろうと思います。


しかし、本来意味するものは実は。これなんです。

Standard Oil New York

なのです。これをご存じの人はかなりの事情通の人なんでしょうね。


このスタンダード石油はロックフェラーの会社なのです。

戦後の盛田氏とロックフェラー氏との交流は知る人ぞ知る世界です。


(スタンダード石油 ニューヨークビルディング)


ということは、日本に誕生した会社だが、世界的に登り詰める

ためは、ロックフェラー資本が入っていることのようです。

つまり、半分はアメリカの会社だったんですね。


このように、敗戦で貧しい日本を暗躍していたのが、アメリカの

大富豪たちなんです。

そして、さらに利権を拡大して、世界の富を手中した大富豪たちは

その有り余る資金で政治、経済を自在に操り、世界を動かし始めたのだ。

その影響はソニーにまで及んでいたということです。


何かを知ろうとしない人は、真実に近づくことは到底できないし

嘘で固められた世界を、支配者の言うがままに見ているだけ

だと思う。

何事もそうですが、恐るべしは無知であること以外にない。

無知のままでいることは、最大の罪だ。と知るべし。



Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

422 火星に移住しましょう。

 【13//2017】

ここに書いたことは、秘密です。口外厳禁です、(笑)。

真実の暴露、いまは、ものすごい勢いで動いていると考えていいです。

と思います。


        


真実と事実  真実とは、事実を積み重ね、点が線となり見えて

くるものを言います。

隠蔽は本当は知らしむべきことを、意図的に知らせない。

また、開示を求められた情報に対して嘘(フェーク)を言う。

情報開示を求められたとき、隠蔽を上手にするために、ほんの少し

の事実を混ぜて開示すると効果がある。という。


NASAは真実を何も述べてないでしょうね。

ここに3枚写真を掲載します。

出何処はNASAの火星探査写真のサイトです。

ただし、大きい写真なので、隅々まで拡大し念入りに見ていかない

と辿りつかないのでNASAでは、このことは、掲載する時点では、

気づいてなかったと思われます。





これは「なんだ、ちみは」のshingen氏が見つけたものです。

これから、導かれる結論は「火星にはすでに人間が行ってる、

そして、そのまま住める環境らしいということです。」

ただし、岩じゃねーと思う方、それは、それでよろしいのかな

と存じます。


情報はすべてはこの動画にあります。shingen氏は絶対に出何処不明画像は

あつかいません。なので、動画視聴者さんの判断に任せることが多いです。

時間がある方は、ぜひご覧ください。



多くの火星ウオチャーさんたちがいろいろな写真を掲載してます。

みなさんもNASAのサイトで火星、月の探検が可能ですよ

時間と暇がある方にはお勧めします。そして新事実を発見して

ください。

(ただし、NASAがフェーク写真を掲載するなんてことがあれば

別です。)

Category: 未分類

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る